FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

第64回 フルート教室の体験レッスンに参加予定です 

  自分ひとりだけで、特に発表会も無く、一緒に演奏する仲間もいない状態で練習を続けるには無理があると判断しました。だからといって練習をやめようというのではなく、ここはやはり前向きに考えて、フルート教室等に通ったほうが良いだろうとようやく決断。

 しかしそうは思ってみても、我が家の近辺のフルート教室はヤマハ関連の教室が多く、受講料も高額。(楽器の練習では当たり前の値段かもしれませんが、年金暮らしの私にとってはという意味です)

 「さてどうしたもんか」と思ってネットをいろいろ検索していたら、たまたまですが、我が家から車で20分程度のところでフルート教室を開いている先生を発見。

 ホームページを見ると、性別、年代、経験年数等、いろいろな生徒さんを教えているようで、なおかつゆくゆくはそういった生徒さんでアンサンブルも試みたいという抱負が書かれていました。

 私自身も単に演奏して技術の向上を図るだけでは、それもまたいずれ限界が来るだろうと思っていますし、まだ状況は不明ですが、老若男女が入り乱れて合奏する機会があれば、老後のコミュニケーション確保に繋がると感じました。

 というわけで、先ずは性別、年齢、経験等を書いて、体験レッスンというのの申し込んでみました。すぐに返事があって、最初の体験レッスンは19日に決定。

 だいたい初顔合わせというのはお互いに緊張しますし、私も仕事の割には人付き合いが苦手な人間だと思っていますので、今からすでに緊張気味。

 それでも、今日もなんとか時間を確保して、少し練習をしようと思っていますので、練習の動機になったことだけは確かなようです。ちなみに体験レッスン申し込みに当たって、アルテの教則本第1巻をお情けで終了しましたと書いたら、それを持ってきてくださいと言われ、さらに緊張が高まりました。

スポンサーサイト
 
カテゴリ : 未分類
2015-09-15(Tue) | コメント : 0
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

hokuflute

Author:hokuflute
 大学時代はクラシックギターを弾き、就職後フルートの音に惚れ込み、一時期は真面目に練習。社会人バンドの末席で吹いていたこともあります。

 その後仕事が忙しくなり、いつの間にかフルートと縁が切れていましたが、退職を機に、「再挑戦してみようか」という気になっています。

 年齢的にも、息も絶え絶えという情けないフルート吹きですが、やはり空気の流れる音は素晴らしい。どこまで練習が続くか分かりませんが、ともかくこのブログに結果を書くことで、練習に活を入れようと思っています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。