スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

第26回 マイ・フーリッシュ・ハートを吹いてみました 

 土日は休みにしようと思ったのですが、昨日は結局練習をしました。2日間連続で休んだら、折角の努力が後退するなと思ったことが一つ。たまたま外が雨模様で、ウォーキングに出かけられなかったことや、ちょっと吹いてみたい曲を思いついたこともあります。

 というわけで1時間しっかりとロングトーンから基礎練習を行い、最後の30分ぐらいで曲の練習。

 それはそれで良かったのですが、昨日は少し涼しかったので、管内に水滴がつくようで、ロングトーンの途中で急に音が変化したり、演奏中に音色が変わったりと、結構この水滴処理は面倒です。

 しょうがないので、ちょっとだけファンヒーターを使って部屋を温めると多少管内の結露も減るようで、演奏も楽になりました。

 フルートの場合、水滴がついたらこまめにガーゼで拭き取れば言いのですが、頭部管をはずすのがつい面倒になって、そのまま吹き続けることが多いです。

 ひどいときは、先端から結露した水が床に水滴となってぽたりぽたりと落ちます。そんな状態で良い音を維持できるわけがありません。

 コンサート等では長時間フルートを吹き続けるなんていうこともあると思いますが、プロの方はその間生じるかもしれない水滴の処理をどうやっているのか気になるところです。

 フロア全体を温めて、湿度を低めに設定すればいいのかなという気もしますが良くわかりません。

 基礎練習が終わったところで、昨日ちょっと吹いてみたかった「マイ・フーリッシュ・ハート」というジャズの曲を練習。ユーチューブでいろいろなジャズを聴いているうちに、いつの間にか頭の中にメロディが残って、何かの拍子に口ずさんでいました。

 とりあえず楽譜通りに吹いてみましたが、まあ多少雰囲気は感じられます。使っていた楽譜は「フルートで吹きたいジャズの名曲あつめました」というもので、伴奏CD付き。

 アマゾンのカスタマーレビューでは、かなり厳しい評価が書かれていますが、初心者が気楽にジャズに触れることができるという意味では、「まあこんなもんでは」という気もします。



スポンサーサイト
 
カテゴリ : ジャズ
2015-04-06(Mon) | コメント : 0
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

hokuflute

Author:hokuflute
 大学時代はクラシックギターを弾き、就職後フルートの音に惚れ込み、一時期は真面目に練習。社会人バンドの末席で吹いていたこともあります。

 その後仕事が忙しくなり、いつの間にかフルートと縁が切れていましたが、退職を機に、「再挑戦してみようか」という気になっています。

 年齢的にも、息も絶え絶えという情けないフルート吹きですが、やはり空気の流れる音は素晴らしい。どこまで練習が続くか分かりませんが、ともかくこのブログに結果を書くことで、練習に活を入れようと思っています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。