スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

第113回 頭部管接続の角度はどのくらい回せばよい? 

  このブログを更新しているのはFC2という会社なのですが、音楽をアップしようとすると、その容量に制限がかかることが分かりました。

 となると、自分の音をアップしようとすると、このブログではできないということになり、多くの人は外部リンクを作り、ユーチューブ等にアップするのかもしれません。

 しかし私の下手くそな演奏をユーチューブにアップするのは気が引けるのでどうしたもんかと考えていたのですが、私の場合、通常のホームページを作成することも可能なので、ゆくゆくは今書いているこの原稿をホームページ形式にして、そこで音楽とともにアップしようかなと思っています。

 というわけで、今後アドレスが変更になるかもしれません。

 さて、フルート教室で高音のG(ソ)の音をいろいろ吹き比べていた時、「頭部管の角度が定まらないんですが・・・」という話題になりました。

 要するにリッププレートに空いている穴は、唇に近いほうに回した方が良いのか、外側が良いのかということです。ネットの情報を見ると、外側に回すと唇から遠くなるので、息が分散し、息漏れの音が出やすくなると書かれています。

 確かに手前に向けたほうが良いなと感じることもあるのですが、手前に向けすぎると、ピッチが下がり音質も暗くなります。野太い音が必要な時は、もしかしたらほんのわずか手前にしたほうが良いのかなという気持ちもありますが、ピッチを考えると不安です。

 一方外側に回すと、管を鳴らし、息漏れ音を少なくするために、息の束を小さくする必要もあり、今度は音程や楽器の鳴り具合をコントロールするのが難しいように思います。

 昔の教則本には、キーのセンターラインとリップホームがまっすぐになるようになんて書かれていたような記憶もありますが、今はこれについて詳しく記述している教則本は少ないように思います。

 要するに自分で工夫して最適な角度を探す必要があるということなのだと思いますが、先生に言わせると、「それは、プロでも毎日悩んでいる」ということでした。なかなか悩ましい問題のようです。


スポンサーサイト
 
カテゴリ : 楽器について
2015-11-30(Mon) | コメント : 0

第112回 メーカーによる音の違いはリッププレートの穴の形状と大きさ? 

  朝から良い天気です。今日は銀座の山野楽器でヤマハのフルートフェアをやっているようなので、出かけるかどうか迷っています。フルートの練習を初めて、なんだか都内に出かける機会が増えています。

 家でこういったブログを書いているよりよほど健康的だなと思いますが、出かけるたびに往復3時間、交通費が2000円近くかかるので、年金暮らしには辛い費用です。

 昨日はブリジアルキーのコルク破損で新宿まで行ってきましたが、今後練習量が増えれば、これは良いことだとは思いますが、今の老朽化したフルートではあちこち故障が起きそうです。

 そういったことを考えて、これまでムラマツ、サンキョー、アルタス、ミヤザワといった日本の代表的フルートメーカーのフルートの一部を試奏させてもらっています。

 あとはヤマハだけだと思っているので、今日はどうしようかと悩んでいるのですが、そんな中、私自身の演奏方法がムラマツに慣れているのか、試奏して音が出やすかったのはムラマツとミヤザワでした。

 一方サンキョーとアルタスは、響きのある音が出るという噂を聞いていたのですが、慣れていないせいか吹くポイントを絞り込めず、ちょっと吹きにくい印象でした。

 「へえ~、メーカーによってこんなに違うんだ」というのが新鮮な驚きでしたが、一見してどのメーカーもフルート自体の見かけは当たり前ですがほとんど変わりません。

 そんな中、不思議だなと思いつつフルート関連のブログを読んでいたら、どうやら吹いた印象の違いはリッププレートの穴の大きさや形に大きく左右されることが分かってきました。

 何気なく吹きこんでいる穴ですが、長方形でもないし円形でもない。楕円形でもない不思議な形をしていますが、その形と全体の大きさがメーカーによって微妙に違うようで、サンキョーは少し穴が小さいと書いていたブログがありました。

 これによって、吹き込む息の量が変わり、それが響きのある音を出せる原因の一つになっているといった記述です。逆に言えば少し穴が小さいことによって、ムラマツに慣れてしまった私の吹き方では息が分散してしまい、音が出にくかったのかなと、ちょっと納得です。

 ただしこれは私の個人的な印象で、正しいかどうかはよくわかりません。


 
カテゴリ : 楽器について
2015-11-29(Sun) | コメント : 0
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

hokuflute

Author:hokuflute
 大学時代はクラシックギターを弾き、就職後フルートの音に惚れ込み、一時期は真面目に練習。社会人バンドの末席で吹いていたこともあります。

 その後仕事が忙しくなり、いつの間にかフルートと縁が切れていましたが、退職を機に、「再挑戦してみようか」という気になっています。

 年齢的にも、息も絶え絶えという情けないフルート吹きですが、やはり空気の流れる音は素晴らしい。どこまで練習が続くか分かりませんが、ともかくこのブログに結果を書くことで、練習に活を入れようと思っています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。