FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

第146回 「のだめカンタービレ」を見て練習意欲が・・・・ 

 手術後2週間ちょっとが経過し、まだ傷跡部分の痛みが若干残っているものの、それさえ気にしなければ、ほぼ通常通りの生活になりました。

 ただ咳をしたりすると、やはりズンという痛みを感じるので、フルートの練習はまだ難しいかなと思っています。とはいっても、何らかの形で音楽に関わっていないとリラックスできない性分なので、こういったブログの更新中はクラシック音楽を聞いています。

 そんな中、ふと思いついてクラシックファンならよくご存じだと思いますが、一時期評判になって映画化もされたアニメの「のだめカンタービレ」を改めて、ユーチューブで見てみました。

 コメディタッチでクラシック音楽と若者の恋愛を描いた作品ですが、様々なクラシック音楽が紹介されるのが面白いです。ただ本来なら楽器を極めるという部分がもっと苛烈な努力が必要なんだろうなと思っています。

 しかしこういうアニメを見ていると、「よし俺もがんばるぞ」と実に単純に思えてしまうのが不思議です。

 そう思って実際に練習を初めてみると、単純なスケールすらまともに吹けないことが分かりがっくりする訳ですが、まあそれでも練習しないよりはした方がよさそうです。

 私の場合は3月2日に手術後の最終チェックがあり、これでOKが出れば、フルートの練習も再開かなと思っています。

スポンサーサイト
 
カテゴリ : 近況
2016-02-25(Thu) | コメント : 0

第145回 手術をして10日間、なんとか日常生活は出来ますが演奏は不可です 

  私の病気?は鼠蹊部ヘルニアというもので、治すためには手術しかないということで、9日に腹部を切り、腹の中に人工のメッシュと言う布を入れました。

 これによって、腸が腹筋の外に飛び出すことを防ぐわけですが、当然腹を切り開きますので、手術後の痛みが厳しかったです。

 手術そのものは下半身麻酔と鎮静剤のもとで行われたので、まったく何も感じませんでしたが、手術後麻酔が切れた後の痛みが強烈です。

 呼吸は出来ますが、ちょっとでも足を動かそうとすると強烈な痛みが襲いますので、鎮痛剤を服用。それが効力を発しても痛みは激しく、手術日の夜はかなり不愉快な思いをしました。

 その後今日でほぼ10日間。すでに退院して自宅で療養中というか日常生活に戻りつつありますが、激しく咳をしたり、1時間ほど立ち続けていると腹筋に負担がかかるようで、やはりジワジワト痛みが出てきます。

 まあそれでも通常の生活は出来ますので、なんとか食事もしていますが、当然ながら腹筋を使うフルートの演奏は怖くてできません。3月2日に定例の診療が入っているので、その時の診断で練習再開の可否を決定しようと思っています。

 そんなわけで、このブログも、2月いっぱいは特に書くことを思いつかなければ休眠状態になります。



 
 
カテゴリ : 近況
2016-02-20(Sat) | コメント : 0
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

hokuflute

Author:hokuflute
 大学時代はクラシックギターを弾き、就職後フルートの音に惚れ込み、一時期は真面目に練習。社会人バンドの末席で吹いていたこともあります。

 その後仕事が忙しくなり、いつの間にかフルートと縁が切れていましたが、退職を機に、「再挑戦してみようか」という気になっています。

 年齢的にも、息も絶え絶えという情けないフルート吹きですが、やはり空気の流れる音は素晴らしい。どこまで練習が続くか分かりませんが、ともかくこのブログに結果を書くことで、練習に活を入れようと思っています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。