FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

第151回 練習を2週間休むと、取り返すのが大変 

  ハワイ旅行から帰って来て時差ボケもほぼ解消。フルートの練習も再開しました。といっても毎日の練習時間は1~1.5時間程度。

 149回にも書きましたが、今回も練習開始直後の音はとてつもなく悲惨で、最初は旅行中に楽器が壊れたのではないかと思いました。ところが昨日あたりから徐々に以前の音が戻ってきたので、やはり楽器のせいではなかったという事が確認できました。

 しかし面白い体験です。2週間から一か月練習を休むと音がボロボロになる。その後5日から1週間で音が少しずつ戻ってくるわけですが、その理由はどこにあるのでしょうか?

 練習をしていない間に体の方にどんな変化が起きているのか?

 再開してすぐに感じることですが、以前のポジションを思い出せないと感じました。年齢の影響かもしれませんが、練習を継続していた時は、構えた瞬間にその形がストンと決まる気がしますが、休みを挟むとなんだか安定しません。

 続いて、実際に吹いてみると、呼吸は苦しいし、息の音がやたら聞こえます。という事は、胸筋や腹筋の使い方を忘れてしまったか、筋肉そのものが固くなってしまったかのどちらかのような気がします。

 さらに唇の周りの柔軟性も失われているようで、特に音が跳躍するときに、それがはっきりあらわれます。つまり跳躍後の音がうまく出ないということです。

 さらにさらにスケールや半音階を練習すると、以前は1泊80で簡単に吹けた半音階が、なんだかあちこちぎくしゃくした流れになっています。つまり指が思うように動きません。

 というわけで、まあ体の筋肉や神経系が、ちょっと休みを挟むと、すぐにそれを忘れてしまったり強張ったりしてしまうという事のようです。

 こういったことはプロアマを問わずに生じると思われますので、早い話が四六時中練習していないと、一定の演奏技術を維持できないという事になりそうです。

 アマチュアなら、まあしょうがないかで済ませますが、プロは大変だろうなと改めて感じました。


スポンサーサイト
 
カテゴリ : 基礎体力
2016-03-30(Wed) | コメント : 0

第150回 ハワイ一人旅を楽しみ、ハワイ交響楽団のコンサートに行って来ました 

  3/13~3/25までハワイ一人旅を楽しんできました。旅行に出かける直前まで、フルートを持っていこうかどうしようか迷っていたのですが、今回は断念。

 実際持って行っても練習する場所が見つからないと思いますし、日々あちこち動き回っていましたので練習時間を確保するのが難しいだろうなと感じました。

 ただ滞在中に、ハワイ交響楽団のコンサートがあり、そこで久しぶりに弦の音や管楽器の生の音を聞くことができました。海外のちゃんとしたホールでオーケストラの演奏を聞いたのは、これが初めての経験です。

 料金は30ドルぐらいから100ドルぐらいまでの5段階に分かれていました。チケットオフイスがあるので、そこで購入しましたが、怪しい英語しか話せないので、ちょっと苦労しました。しかし欧米人とともにコンサートを聞くという体験は得難いものです。

 肝心のオーケストラですが、1曲目の出だしはちょっと緊張気味なのか、金管の音が怪しく感じられた部分もあったのですが、10分もすると違和感は全くなくなりました。

 私は中間の50ドルぐらいの席を選んだのですが、オーケストラからは結構距離があって、細かい指の動き等はほとんど見えなかったのが残念です。ただフルートはやはりいいなという感想を持ちました。

 演奏を聴きながら、じゃあこの今演奏している人たちは、日ごろどこで練習をしているんだろうか?という事が気になりました。ハワイ交響楽団ですから、メンバーのほとんどはハワイ在住者だと思われます。

 だとすれば、島内のどこかに家があり、そこで練習やレッスン等も行っているのではと思えます。

 このあたり、私にセミプロ級の実力があれば、飛び込みで話をするなんてことも可能だろうなと思えますが、ガリボルディさんの曲で苦労しているようでは、まだまだだなと感じます。

 ちなみに帰国後一昨日から練習を再開しましたが、例によって一昨日はひどい音でした。昨日は少し良くなったので、やはり練習をしないと唇の筋肉が固くなってしまうのかなという感想を持ちました。

 今週の土曜あたりから、先生の都合にもよりますが、レッスンを再開しようと思っています。

 
カテゴリ : 近況
2016-03-28(Mon) | コメント : 0
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

hokuflute

Author:hokuflute
 大学時代はクラシックギターを弾き、就職後フルートの音に惚れ込み、一時期は真面目に練習。社会人バンドの末席で吹いていたこともあります。

 その後仕事が忙しくなり、いつの間にかフルートと縁が切れていましたが、退職を機に、「再挑戦してみようか」という気になっています。

 年齢的にも、息も絶え絶えという情けないフルート吹きですが、やはり空気の流れる音は素晴らしい。どこまで練習が続くか分かりませんが、ともかくこのブログに結果を書くことで、練習に活を入れようと思っています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。