FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

第181回 楽器を購入するなら 

  昨日のレッスンの終りに、新しいフルートを買うとして、今使っているフルートと同じ仕様(管体が銀、キー等が洋銀)の物を購入するというプランはどうか?と聞いてみました。

 要するに私がこれまで考察してきた考え方によれば、銀も洋銀もプラチナも金も、基本的にはそれほど音の変化はない、ということから思いついたことです。

 もちろん総銀製やプラチナ、金という楽器になると、Eメカをつけて、現在のメーカーの価格は安くても60万程度になることが分かってきたからで、これに対してボーナスが期待できない年金暮らしでは、この出費はかなり大きいということも言えます。

 また自分の現在の実力を考えると、この先多少うまくなったとしても、まあ中級の最初の方ぐらいまでで、その先は加齢による衰えの影響が大きくなりそうで、そう考えるとあと何年演奏できるかという話になり、その年月に対して60万と言う金額はどうかと考えると悩ましいと思ったからです。

 若い人なら練習量によっては無限の可能性があるので、ここはひとつ踏ん張ってボーナスを奮発し。100万ぐらいの楽器を買うか、という気持ちになるかもしれませんが、シニアの場合は自分の年齢と言うのが意外に気になることが分かってきました。

 というわけで、先生に聞いてみたわけですが、答えは「もったいないと思います」だそうです。根拠は今使っている20数年前に買った楽器でも、そこそこ鳴っているのに、それと同じグレードでは、音質の点でもったいないということのようです。

 もちろん新しい楽器の方が音が出やすい、という利点はあるみたいですが、どうせ買うならもう少し上のグレードの物を買った方が後悔しないということです。

 ただし、これは一般論で、実際には様々な楽器を吹き比べて、時間をかけて選ばないといけないということで、単純にグレードや素材で選んではいけない、ということを強調していました。というわけで、やはり吹いてみないと選べないというのが正解のようです。

 では般論として、なぜ高額なものは良い音が出る可能性が高いのか?衣服でもそうですが、1000円のTシャツもあれば、5000円以上するものもあります。

 衣服という機能だけで見ればほとんど同じなのにその差はどこにあるのか?ということを考えるのと同じということで、要するにグレードの高い楽器は、素材の違いはもちろんですが、それだけメーカー側も使いやすいように真剣に作っている、ということに尽きるのではないかと思います。

 もっと極端な例で、例えば数万円のフルートと100万のフルートの違いということを考えると、やはり吹きやすさや耐久性、音質、音量、さらには見栄えといったものが違うのだろうということが容易に分かります。

 そう考えると、もし買うなら、やはり総銀製で、相性の良いものが見つかるまで試奏をとことん行うというのが、一番良い方法のようです。その意味では、いくらよさそうに見えても通販は避けた方が良いという結論になると思います。



スポンサーサイト
 

第180回 ガリボルディさんの132番が終了、次は88番 

 久しぶりの更新です。7/30~8/9まで海外旅行を楽しみ、10日から練習を再開していますが、予想通り最初は全然楽器が鳴りません。

 毎回こういうことが起きるので、だんだん慣れてきました。初日は30分ほど音出しのみ。二日目も音出しとちょっとだけ練習曲で練習。三日目あたりからいつもの練習というようにやっていくと、それほど違和感なく、元の状態に戻ることが分かってきました。

 その後約10日間ほど練習し、今日は久しぶりのフルートレッスンの日でした。課題になっているのはガリボルディさんの作品132番の最後の20番。

 ターラッタ、ターラッタと気持ちよく音が上がっていく曲ですが、五線譜上はそうなっていても、なかなかきれいに音が響きません。私の場合は、ちょっと気を抜くとすぐにタンギングが甘くなるようで、全体がだら~っとした演奏になってしまいます。

 タンギングは、音の出だしをはっきりさせる意味がありますが、音楽的にはメリハリをつけるという意味もありそうです。

 途中高音のラ♭が2回出てくるのですが、これがなかなか厳しい。単音で吹けば何とか音は出ますが、曲の中に出てくると、その音に至る過程で唇の形が変わってしまうので、途端に出にくくなります。

 というわけでいつものように、先生の前でかなりゆっくりした速さで(40ぐらいのテンポでしょうか)演奏。これで吹き間違いやアーティキュレーションを確認。

 とりあえず不備はあるものの、なんとか吹けているという事で、少し早め(1拍60ちょっと?)に吹いて何とかこの曲を終了。ついに132番が終了という事になりました。

 しかしたまに以前の曲を吹いてみると、まだまだ完成には程遠いような気がしますが、数回吹きなおすと以前の演奏に戻るような気がします。こういうのは数学等の勉強と同じ感じでしょうか。

 とにかくまずはやってみて、ある程度できたら次に進み、しばらく先をやってから、再び前の問題を見ると優しく感じることがあるのと似ています。

 ちなみにこの132番を始めたのは、このレッスンに通い始めた昨年の9月の終わりでした。20番終えるのに1年弱かかったことになります。

 次の練習曲ですが、ガリボルディさんの88番だそうです。これも20曲あります。この練習曲から歌う要素が強くなるという事で、技術だけでなく音楽的な素養も必要になるようです。

 また同時並行でケーラーさんの子守歌もお願いすることになりました。果たして子守歌になるか、目覚ましの騒音になるか。この曲は後半が難しそうです。


 
 
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

hokuflute

Author:hokuflute
 大学時代はクラシックギターを弾き、就職後フルートの音に惚れ込み、一時期は真面目に練習。社会人バンドの末席で吹いていたこともあります。

 その後仕事が忙しくなり、いつの間にかフルートと縁が切れていましたが、退職を機に、「再挑戦してみようか」という気になっています。

 年齢的にも、息も絶え絶えという情けないフルート吹きですが、やはり空気の流れる音は素晴らしい。どこまで練習が続くか分かりませんが、ともかくこのブログに結果を書くことで、練習に活を入れようと思っています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。