スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

第183回 フルートの演奏で血圧はどのくらい上がるのか? 

 すでに二か月以上入院生活を送っています。ただ最近は表面上の生活はほぼ復調。入院当初に比べると、身体的能力や持久力はかなり良くなったという評価をもらっています。

 そのせいか、11月中には退院かもという線で話が進んでいます。リハビリではほぼ毎日病院外周を5000歩ほど歩き、ストレッチや持久力を高める運動も行い、入院当初に比べるとかなり改善しました。

 というわけで、問題は楽器です。くも膜下出血がというのが正式な病名ですが、私の場合この病気になった原因は、動脈硬化と高血圧という二つの要素が絡んでいることが分かってきました。

 ただ上記二つの要素があったからといって必ずくも膜下になるわけではなく、要は確率の問題みたいです。

 とはいうものの、この病気になって再発だけは避けなくてはいけないなと思っています。しかし動脈硬化はそうそう簡単に良くならないと聞いているので、血圧を何とかしないといけないと思っています。

 幸いなことに血圧は入院してからどういうわけか下降気味で、軽い降圧剤を飲んではいるものの上が110~135、下が65~90と、ほぼ理想的な値になっています。

 ではこの状態で通常の生活に復帰してフルートの練習ができるかというのがこのところの悩みの種です。問題はフルートを吹いたとき、どの程度血圧が上がるのかということで、これは実際にやってみないとわからないなと思っています。

 ただ最近リハビリで、早歩きをしたり自転車のようなペダルをこいだりしているので、この間は通常より血圧が上がっているのではと思っています。

 もしフルートの練習が早歩き程度の血圧上昇で済むなら練習は可能ということになりそうです。退院して実測しないと分からないことですが、ちょっと楽しみにしています。
関連記事
 
カテゴリ : 近況
2016-11-04(Fri) | コメント : 0 | トラックバック : 0

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

hokuflute

Author:hokuflute
 大学時代はクラシックギターを弾き、就職後フルートの音に惚れ込み、一時期は真面目に練習。社会人バンドの末席で吹いていたこともあります。

 その後仕事が忙しくなり、いつの間にかフルートと縁が切れていましたが、退職を機に、「再挑戦してみようか」という気になっています。

 年齢的にも、息も絶え絶えという情けないフルート吹きですが、やはり空気の流れる音は素晴らしい。どこまで練習が続くか分かりませんが、ともかくこのブログに結果を書くことで、練習に活を入れようと思っています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。