FC2ブログ

第151回 練習を2週間休むと、取り返すのが大変 

  ハワイ旅行から帰って来て時差ボケもほぼ解消。フルートの練習も再開しました。といっても毎日の練習時間は1~1.5時間程度。

 149回にも書きましたが、今回も練習開始直後の音はとてつもなく悲惨で、最初は旅行中に楽器が壊れたのではないかと思いました。ところが昨日あたりから徐々に以前の音が戻ってきたので、やはり楽器のせいではなかったという事が確認できました。

 しかし面白い体験です。2週間から一か月練習を休むと音がボロボロになる。その後5日から1週間で音が少しずつ戻ってくるわけですが、その理由はどこにあるのでしょうか?

 練習をしていない間に体の方にどんな変化が起きているのか?

 再開してすぐに感じることですが、以前のポジションを思い出せないと感じました。年齢の影響かもしれませんが、練習を継続していた時は、構えた瞬間にその形がストンと決まる気がしますが、休みを挟むとなんだか安定しません。

 続いて、実際に吹いてみると、呼吸は苦しいし、息の音がやたら聞こえます。という事は、胸筋や腹筋の使い方を忘れてしまったか、筋肉そのものが固くなってしまったかのどちらかのような気がします。

 さらに唇の周りの柔軟性も失われているようで、特に音が跳躍するときに、それがはっきりあらわれます。つまり跳躍後の音がうまく出ないということです。

 さらにさらにスケールや半音階を練習すると、以前は1泊80で簡単に吹けた半音階が、なんだかあちこちぎくしゃくした流れになっています。つまり指が思うように動きません。

 というわけで、まあ体の筋肉や神経系が、ちょっと休みを挟むと、すぐにそれを忘れてしまったり強張ったりしてしまうという事のようです。

 こういったことはプロアマを問わずに生じると思われますので、早い話が四六時中練習していないと、一定の演奏技術を維持できないという事になりそうです。

 アマチュアなら、まあしょうがないかで済ませますが、プロは大変だろうなと改めて感じました。


 
カテゴリ : 基礎体力
2016-03-30(Wed) | コメント : 0

第150回 ハワイ一人旅を楽しみ、ハワイ交響楽団のコンサートに行って来ました 

  3/13~3/25までハワイ一人旅を楽しんできました。旅行に出かける直前まで、フルートを持っていこうかどうしようか迷っていたのですが、今回は断念。

 実際持って行っても練習する場所が見つからないと思いますし、日々あちこち動き回っていましたので練習時間を確保するのが難しいだろうなと感じました。

 ただ滞在中に、ハワイ交響楽団のコンサートがあり、そこで久しぶりに弦の音や管楽器の生の音を聞くことができました。海外のちゃんとしたホールでオーケストラの演奏を聞いたのは、これが初めての経験です。

 料金は30ドルぐらいから100ドルぐらいまでの5段階に分かれていました。チケットオフイスがあるので、そこで購入しましたが、怪しい英語しか話せないので、ちょっと苦労しました。しかし欧米人とともにコンサートを聞くという体験は得難いものです。

 肝心のオーケストラですが、1曲目の出だしはちょっと緊張気味なのか、金管の音が怪しく感じられた部分もあったのですが、10分もすると違和感は全くなくなりました。

 私は中間の50ドルぐらいの席を選んだのですが、オーケストラからは結構距離があって、細かい指の動き等はほとんど見えなかったのが残念です。ただフルートはやはりいいなという感想を持ちました。

 演奏を聴きながら、じゃあこの今演奏している人たちは、日ごろどこで練習をしているんだろうか?という事が気になりました。ハワイ交響楽団ですから、メンバーのほとんどはハワイ在住者だと思われます。

 だとすれば、島内のどこかに家があり、そこで練習やレッスン等も行っているのではと思えます。

 このあたり、私にセミプロ級の実力があれば、飛び込みで話をするなんてことも可能だろうなと思えますが、ガリボルディさんの曲で苦労しているようでは、まだまだだなと感じます。

 ちなみに帰国後一昨日から練習を再開しましたが、例によって一昨日はひどい音でした。昨日は少し良くなったので、やはり練習をしないと唇の筋肉が固くなってしまうのかなという感想を持ちました。

 今週の土曜あたりから、先生の都合にもよりますが、レッスンを再開しようと思っています。

 
カテゴリ : 近況
2016-03-28(Mon) | コメント : 0

第149回 練習再開1週間で、以前の感覚が戻ってきました 

  薄ら寒い1日でした。こういう日は音も良くないんだろうなと思いつつ、4時半から冷え切ったフルートを取り出し吹き始めました。

 3月4日に練習を再開して、今日でちょうど一週間。昨日も練習しましたが、まだ以前の状態に戻っていないなと感じていました。

 ところが今日は、吹き初めて20分ぐらいで、なぜか調子が上がってきました。部屋の暖房が効いてきたせいかなと思いますが、練習再開をして1週間という節目の時期で、ようやく音が戻ってきたという感触が得られて、ちょっと気持ちも高揚。

 「よしこれなら」と思って、久しぶりに「タファネルゴーベール」さんの、面白くもなんともない機械的な基礎練習の楽譜を取り出して吹いてみると、なぜか調子が良いです。

 原因は全く不明。ただ以前練習していたときのテンポより速くしても、なんとか吹けます。もしかしたら単純に、以前どのくらい吹けていたかという事を忘れただけかもしれません。

 それでも、なんとなくうまくなったような気がして、少しだけですが楽しみながら練習が出来ました。

 続いて、ケーラーの初級者用練習曲作品33の第1集を本棚から持ち出して吹いてみましたが、つっかえる部分は多いものの、これまた以前より吹ける感じです。

 「よし良い調子だ。明日もがんばるぞ」と思って練習を終えましたが、間の悪い?ことに、明後日から旅行に出かけますので、また練習が中断します。

 旅先に持って行って練習することも考えて、いろいろとネットで練習場所を探したりもしていたのですが、結局見つかりませんでした。残念です。











  

 
カテゴリ : 近況
2016-03-11(Fri) | コメント : 0

第148回 旅行に出かけた時の楽器練習はどうする? 

  3月3日から練習を再開し、5日間ほどが経過。初日の音は悲惨でしたが、徐々に以前の音が戻ってきました。毎日1時間程度の練習ですが、まあ地道にやるしかないです。

 ただ指の動きはなかなか回復しません。これまで何とか動いていた早いパッセージ部分が、常にもたつきます。

 音質が戻ってきたという事は、腹や胸、肺、口腔、唇等の筋肉の動きが以前の状態に戻ってきたという事だと思いますが、指の動きは筋肉と小脳の連携が必要かと思うので、そこがまだ回復していないという事かもしれません。

 これについては、ゆっくりした速さから徐々に上げていくしかないと思っていますが、「以前吹けていたのに」と思うと、つい気持ちが焦ります。

 フルート教室で練習していたガリボルディの132番の練習曲も、あらためて1番から吹きなおしてみると、あちこちがボロボロで、「こりゃひどいや」とがっくりします。

 その意味では2週間を越えるような練習の中断は、出来るだけ避けないといけないんだなと強く感じます。

 しかし今週末の13日からはハワイ旅行を予定していて、またしても前後2週間ほど練習ができない期間が生じます。そう考えると、思い切ってハワイにフルートを持参して、どこかで練習できないかとも思っているのですが、うまい場所が思いつきません。

 どこかの公園にでも行って練習すればいいのですが、いくら人が少ないと言っても、フルートの音は結構遠くまで響きますから、それを考えるとやはり恥ずかしい。

 こういうとき、フルートだけでなくバイオリンや金管類の演奏者は練習をどうしているんでしょうか?ネットで検索しても、体験談はほとんど見つかりません。(ピアノはいくつかありました)

 
カテゴリ : 近況
2016-03-08(Tue) | コメント : 0

第147回 フルートの練習を再開しました 

 2日の日に大学病院に行き、術後の傷を見てもらいましたが、予想通り順調な経過をたどっているという事でした。すでに手術から3週間以上が経過していますから、通常の状態に戻らないと困ります。

 というわけで昨日久しぶりにフルートを手にしました。持った瞬間感じたことは、寒いせいもありますが楽器が冷えていること。そして構えてみるとなんかしっくりこない。どうも構え方を体が忘れている感じです。

 手術前に、構えた時の姿勢や角度をいろいろ調整して、割とよい音が出るようになったなと思っていたのですが、その時の姿勢をすっかり忘れています。

 それでもまあいずれ徐々に思い出すだろうと思い、取りあえず息を入れてみると、まあ当たり前ですが、カサカサの何ていうか、竹の筒に息を吹き込んでいるようなかすれた音が出てきてがっくり。

 どうやら唇の周りの筋肉も固くなっているようで、10分ほど半音階を吹いていたら、なんだか頬のあたりが緊張している感じです。

 めげずに吹いていると、徐々に音が戻ってきましたが、高音部分はきれいな音が出ません。また中音のE(ミ)の音がやはり出にくい。

 なんか半年ぐらい技量が逆行したようで、基礎練習を続けるのが辛かったです。一方やはり吹いているとお腹に力が入るのがよく分かり、こりゃあんまり無理できないなと思い、昨日は40分程度で練習を切り上げました。

 しかし今日になっても特にお腹の手術跡に違和感はなかったので、1時間弱ぐらいなら練習できそうだと判断。今日も40分ほど吹きましたが、昨日よりは少し音が良くなったようです。

 とはいうもののこの調子で練習するとなると、手術前の状態に戻るためには、最低2週間ぐらいかかりそうで、フルート教室を再開するのは、それ以後かなと思っています。

 
カテゴリ : 近況
2016-03-04(Fri) | コメント : 0
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア
プロフィール

hokuflute

Author:hokuflute
 大学時代はクラシックギターを弾き、就職後フルートの音に惚れ込み、一時期は真面目に練習。社会人バンドの末席で吹いていたこともあります。

 その後仕事が忙しくなり、いつの間にかフルートと縁が切れていましたが、退職を機に、「再挑戦してみようか」という気になって練習再開。

 ところが2016年に突然クモ膜下出血という病気を発症し、緊急手術、何とか命はとりとめましたが、いくつかの後遺症も残りました。

 しかし悩んでいてもしょうがない。指先のリハビリを兼ねて、再び練習開始です。

 年齢的にも、息も絶え絶えという情けないフルート吹きですが、やはり空気の流れる音は素晴らしい。どこまで練習が続くか分かりませんが、ともかくこのブログに結果を書くことで、練習に活を入れようと思っています。

アクセスカウンター
QRコード
QR